くぬぎの木 社会福祉法人 あがた福祉の会

メインビジュアル

ふつうの暮らしを支える

一人ひとりのご入居者の
大切な「時」をともに過ごし、支えます。
ここだからできること、
あなたにしかできないことがあります。

メインビジュアル

笑顔あふれる、
おだやかな時間

一人ひとりのご入居者の
大切な「時」をともに過ごし、支えます。
ここだからできること、
あなたにしかできないことがあります。

法人案内About us

POINT 01

大きな安心 あたたかい介護
私たちが目指すもの

POINT 01

大きな安心 あたたかい介護
私たちが目指すもの

「大きな安心あたたかい介護」をスローガンに掲げ、ご利用者の目線に合わせ、傾聴し、語りかけることを基本として、その方らしく生き生きと安心して過ごせるように支援します。そのために私たちは。日々自己研鑽し介護技術を向上させるとともに、医療をはじめとする関係機関と深く連携し、利用者の方のニーズに応えるようにします。また、一人ひとりの利用者に丁寧に接することを通じて地域の福祉の課題を掘り起こし、その解決に努力し、地域に貢献したいと考えています。

理事長 加藤尚久

閉じる
POINT 02

私たちが大切にするのは
「自宅での暮らし」

POINT 02

私たちが大切にするのは
「自宅での暮らし」

どんな人にも個性があり、「その人らしさ」があります。介護が必要になっても自分の意思、好みや習慣、こだわりなどが尊重されること。同時に家族やなじみの人たちの中で暮らせること。私たちが大切にしているのは、誰もが望む「自宅での暮らし」の継続を支援することです。また、やむなく自宅を離れても「もう一つの自宅」を作るお手伝いをします。

閉じる
POINT 03

ご利用者の声を
しっかりと聴くことが
できる人員配置

POINT 03

ご利用者の声を
しっかりと聴くことが
できる人員配置

答えはご本人がもっていることを基本的な考え方とし、私たちは支援の前に必ずご本人の意向をお聞きします。例えば「ごはんですよ。起きますよ。」ではなく、「ご飯の用意ができましたが、食べに行きますか?起きれそうですか?」とお聞きします。ご利用者の小さな声や声にならない希望を感じるためには、私たちの心の余裕が必要です。そのために、くぬぎの木では、国の示す職員配置基準より手厚い配置をしています。良い支援を継続するためには、人手は必要と考えています。

閉じる
POINT 04

あなたの個性が活かせ、
仲間と成長できる

POINT 04

あなたの個性が活かせ、
仲間と成長できる

ご利用者に個性があるように、私たち職員にも「自分らしさ」があります。流れ作業のように施設で決められた業務をこなす中では、職員自身の個性は活かされにくいものです。なじみの関係を築き、ともに過ごすことで、あなただからできることが必ず見つかり、ご利用者の支援に活かすことができます。また、ベースとなる研修を多数開催するとともに、介護教員による現場でのアドバイスも定期的に受けられる体制を整備し、仲間とともにPDCAサイクルを意識した支援を行うことで、自分の成長を感じることができます。

閉じる
POINT 05

あなたのライフスタイル
合わせて働ける

POINT 05

あなたのライフスタイル
合わせて働ける

産休、育休制度をはじめ、子どもの成長に合わせて勤務時間を変更するなど、多様な雇用形態によって自分のライフスタイルに合わせた柔軟な働き方ができます。パートタイム職員の存在は単なるお手伝いではなく、ご利用者の暮らしを支える上で、重要な力となっています。正規職員には、年2回の賞与、2つの退職金共済会への加入の他、夏季・年末年始休暇制度、キャリアに応じた処遇改善手当や住宅手当(賃貸)等の支給など、働くあなたをバックアップします。

閉じる

事業所案内Office

くぬぎの木特別養護
老人ホーム
くぬぎの木在宅介護
サービスセンター
住み慣れた地域での暮らしを支えるために くぬぎの木特別養護老人ホーム

社会福祉法人あがた福祉の会は、三重県四日市市においてH11年より「くぬぎの木在宅介護サービスセンター」にて、在宅介護支援センター、デイサービス、ショートステイを軸として、地域の在宅介護の拠点として活動してきました。併設機関として、法人理事長が運営する「あこず内科循環器科クリニック」があります。H24年に「くぬぎの木特別養護老人ホーム」を開設。特別養護老人ホームを整備したことで、住み慣れた地域で医療連携を含めた在宅から施設サービスまで切れ目ない支援ができるようになりました。

写真

くぬぎの木特別養護老人ホームは、
「介護が必要になり、やむなく自宅を離れても、なじみの地域で、自分らしくふつうに暮らせる住まいを作る」という方針を掲げています。30名定員の小規模ユニット型で10名ずつの3つの住まいがあります。

写真

それぞれに玄関を設え、家庭と同じようにキッチンやリビング、お風呂があり、「くらし」を感じられる環境になっています。
「行事をやらない」、「施設の日課を作らない」、「暮らしにそぐわない言葉は使わない」、「家でふつうにできることをふつうにやる」など、ご入居者の「暮らし」を支えるためにハード、ソフト両面の創意工夫を続けています。

在宅サービスとして「居宅介護支援事業所くぬぎの木」、「デイサービスセンターさくら」(認知症対応型12名定員)、「ショートステイせせらぎ」(定員10名)があります。併設クリニックの迅速な医療支援が受けられることも、暮らしを支えるための重要な特色になっています。

施設紹介へ
住み慣れた地域での暮らしを支えるために くぬぎの木在宅介護サービスセンター

社会福祉法人あがた福祉の会は、三重県四日市市においてH11年より「くぬぎの木在宅介護サービスセンター」にて、在宅介護支援センター、デイサービス、ショートステイを軸として、地域の在宅介護の拠点として活動してきました。併設機関として、法人理事長が運営する「あこず内科循環器科クリニック」があります。H24年に「くぬぎの木特別養護老人ホーム」を開設。特別養護老人ホームを整備したことで、住み慣れた地域で医療連携を含めた在宅から施設サービスまで切れ目ない支援ができるようになりました。

写真

くぬぎの木在宅介護支援センターは四日市市の委託を受けて地域の高齢者の総合相談窓口としてあがた地区の高齢者を対象に、介護についての相談と適切なサービスの紹介を行っています。また、地区の福祉関係者とのネットワークをもとに福祉のまちづくりのお手伝いをしています。
その他の事業として、地域のお一人暮らし高齢者等で調理が困難な方に生活支援として訪問給食を行っています。配食時にはお声がけなど必ず安否の確認を行っています。

写真

デイサービスセンター(利用定員40名)とショートステイ(利用定員9名)の施設は併設されており、「通いと泊り」のサービスの連携を大切にしています。ご利用者同士や職員となじみの関係を築けることにより、お一人おひとりのの個性、状態をしっかりと把握し、より細かいニーズへの対応を行えるよう努めています。
また、同時に認知症カフェや比較的お元気な方を対象としたミニデイサービスを行っています。

施設紹介へ

お仕事紹介Introduction

いっしょに働きませんか?

こういう人に仲間になってほしい

いっしょに働きませんか?

こういう人に仲間になってほしい

介護、医療の仕事に就いた理由に多いのは、「人の役に立ちたい」「やりがいがある」からと聞きます。くぬぎの木では、知識や経験はもちろん大切だと考えていますが、それより重要だと考えることは「感性」です。ご利用者のことを気にかけ、表情や声の調子などから「いつもと違うな」、「こうしたいのかな?」などと変化に気づけ、意向を推し量る感性、「これってふつうの暮らしにそぐわないな」と思える感性など。「介護の仕事は初めてで自分にできるか心配」、でも「仕事を通して感動したい。成長したい。」、「介護の仕事に就いたけれど、こんなはずじゃなかった。もっとご利用者と関わりたい!」こういう方は、ぜひ「くぬぎの木」を訪ねてみてください。お待ちしています!

閉じる
デイサービス・ショートステイ 介護

その人らしく過ごせる
関わりを大切にする

デイサービス・ショートステイ 介護

その人らしく過ごせる
関わりを大切にする

元気になりたいというお気持ちが強い方から、認知症や病気等で介護が必要な方など、その方の状態やご希望に合わせたデイサービスをはじめ、デイサービスと強く連携を持つショートステイのサービスを提供します。お一人お一人に合った個別ケアの充実に向けての介護ミーティングは毎月、研修会は年間で計画して開催しています。ご利用者の「○○が出来るようになった」「これなら自分でしてみたい」などごご利用者や家族からの、お声と笑顔が私たちの元気のもとになっています。

閉じる
特別養護老人ホーム 介護

ご入居者の暮らしに
寄り添い、
「○○したい」
に応える

特別養護老人ホーム 介護

ご入居者の暮らしに
寄り添い、
「○○したい」
に応える

くぬぎの木特別養護老人ホームには、施設の日課がありません。あるのはご入居者お一人おひとりの「暮らし」です。ご入居者と時間をともにする中で、お一人おひとりの支援をそれぞれのタイミングで行います。担当するユニット(住まい)は原則固定配置ですので、いつも同じ10名のご入居者と過ごします。この仕組みにより、「顔が見える」「なじみのある」関係ができ、ご入居者の意向をくみ取ることができます。ご入居者の「○○したい」に応えることで、ご本人、ご家族の笑顔が生まれます。この瞬間に立ち会える経験が私たちのやりがい、誇りとなり、真のステップアップとなると考えています。

閉じる
介護補助

あなたにもできる
「暮らし」のお手伝い

介護補助

あなたにもできる
「暮らし」のお手伝い

自分の生きがいや健康維持のために、働けるうちは仕事をしたいとお考えの方におすすめです。ご利用者の暮らしは、介護職員だけでは十分に支えることが難しく、さまざまな職種がチームで関わることが必要です。その中でも、主に食事の準備、後片付け、掃除などの日常の暮らしに欠かせない「家事」を担ってもらうのが、介護補助の役割です。勤務時間も例えば朝の3時間、昼の5時間、夕方からの3時間など、あなたの働ける時間をお聞きし相談します。家庭的な雰囲気なので勤めるうちに、ご利用者とのなじみの関係ができますし、他の仲間と一緒に研修も受講でき、あなたにできることが増えていくことも少なくありません。

閉じる
看護

医療との連携により、
「暮らし」を支える

看護

医療との連携により、
「暮らし」を支える

高齢者の多くは、複数の疾病をお持ちです。施設での看護師の役割は多岐にわたりますが、ご利用者が安心して健康に暮らせるために医師との連携を基にし、病院ではなく「暮らしの場」として、できる医療的支援を専門的に行うことの他に、介護職員によるご利用者の「暮らし」の支援を側面的にサポートすることが重要です。ともに過ごすという姿勢は、全職種の基本的なものです。医療職、介護職の壁なく、チームとしてご利用者を支援します。また、法人理事長が医師で、連携が密に取りやすいのもくぬぎの木の特徴です。

閉じる

インタビューInterview

インタビュー1

パート

特別養護老人ホーム 介護
勤続8年目山本美由紀

生活スタイルに合わせた働き方ができます。

インタビューを見る
インタビュー1

パート

特別養護老人ホーム 介護
勤続8年目山本美由紀

生活スタイルに合わせた働き方ができます。

このお仕事を始めたきっかけは何ですか?
オープニングスタッフの募集を見て、応募しました。
子育てに伴い現場を離れていましたが、子育てが少し落ち着き、仕事を探していたタイミングでした。職場をここに決めた理由は、家から近かったことです。また子育てを考慮してもらえるという点も重要なポイントでした。実際、子どもの急な発熱の際は早めに帰ることができたり、子どもが休みの期間は時短勤務が可能だったりと子育てにすごく協力的だなと感じます。
お仕事の楽しいところと、大変なところを1つずつ教えてください。
この施設で働いていると、すごくゆったりした空気が流れていて、職員もご入居者も活き活きしているなと感じます。以前勤務していた職場では、業務をこなす、業務に追われるという日々だったため勤務当初は驚きました。ご入居者1人1人と向き合い、1人1人に合った介護を行うという理念が浸透しているんだなと実感しています。ご入居者の人生に触れ、一緒に思い出を作ることがやりがいであり楽しいところです。
今後はどんな風に活躍していきたいですか?
今後も現場で働きたいと思っています。もちろん楽しい事だけでなく、大変なことや辛いこともあります。物事を相手の立場、ご入居者の立場で考えられないと傷つけてしまうこともあります。でも、楽しいことも辛いことも全て、職員やご入居者と同じ温度感で分かち合えるのが現場です。ぜひ、一緒に分かち合いましょう。全職員でしっかりサポートしますよ。
閉じる
インタビューを閉じる
インタビュー2

正社員

特別養護老人ホーム 介護
中途4年目長谷川進一

未経験からチャレンジしました!

インタビューを見る
インタビュー2

正社員

特別養護老人ホーム 介護
中途4年目長谷川進一

未経験からチャレンジしました!

このお仕事を始めたきっかけは何ですか?
紹介会社で紹介していただいたのが、今の職場でした。
前職は老人ホームの調理師をしていました。
転職を考えていたタイミングで市が開催していた介護初任者研修に参加したことがきっかけです。母がケアマネージャーをしていたのでもともと興味がありました。
お仕事の楽しいところと、大変なところを1つずつ教えてください。
前職は、1人で決めて1人動くことが多かったですが、今は仲間と一緒に仕事していると感じます。
ご入居者について話し合ったり、相談したり、イベントを考えたりと仲間全体で1人1人のご入居者と向き合えている気がしています。
ご入居者がその人らしい生活ができるようにみんなでサポートするという温かい空気です。この仕事の魅力はご入居者のことも自分のこともどんどん好きになっていくことだと思っています。
今後はどんな風に活躍していきたいですか?
ご入居者が安心安全に余生を過ごせるように。
「良かった、楽しかった」と思ってもらえるような仕事がしたいです。
閉じる
インタビューを閉じる
インタビュー3

正社員

在宅介護サービスセンター 介護
勤続4年目堀木みゆき

良い職場との噂を信じて良かったです!

インタビューを見る
インタビュー3

正社員

在宅介護サービスセンター 介護
勤続4年目堀木みゆき

良い職場との噂を信じて良かったです!

このお仕事を始めたきっかけは何ですか?
前職は事務職をしていました。親の老後のことを考える機会が増え、介護に興味がありました。未経験で右も左もわかりませんでしたが、とりあえず就職フェアに参加しました。そこでイベントスタッフの方に紹介されたのがこの職場でした。未経験の人にもしっかり教えてくれる、サポートも充実していると聞き連絡しました。
お仕事の楽しいところと、大変なところを1つずつ教えてください。
介護の印象は「単純な作業を行うんでしょ」というものでした。しかし働いてみると、コミュニケーションがすごく大事だなと感じました。お手伝いするにしてもご入居者のことを知らないとその人に合った介護ができない。まずはご入居者を知ることが大事です。来客した方に良い施設ですねと言って頂けます。介護職に就いて初めての職場になるので良い職場かどうか比較できませんが、温かい雰囲気が漂う職場であることは実感できます。
今後はどんな風に活躍していきたいですか?
私にお手伝いしてほしいと言って頂けるご入居者を増やしていきたいです。
未経験者へのサポートは充実していると思います。仕事ができるようになるまでは付きっ切りで教えます。初任者研修などの勉強会など積極的に実施しています。とは言っても大事なのは対人として接することができること、知ろうとすることだと思っています。実際に未経験から始めたわたしもサポートします。ぜひ一緒に働きましょう。
閉じる
インタビューを閉じる
インタビュー4

パート

特別養護老人ホーム 介護補助
勤続3年目安良城みつ

とても温かい雰囲気の職場です。

インタビューを見る
インタビュー4

パート

特別養護老人ホーム 介護補助
勤続3年目安良城みつ

とても温かい雰囲気の職場です。

子育てと両立して働いています!
前職は事務職をしていました。知人からの紹介で働き始めました。週4日、朝7時から12時30分までのシフトで勤務しています。子ども(孫)がいるため近場で、保育園が終わるまでには帰れる仕事を探していました。時短勤務や希望時間に合わせてシフトの融通を利かせてくれるので働きやすいです。
実際にお仕事をしてみて感じたことを教えてください。
元々、介護の仕事は「流れ作業」という印象がありました。決まった時間にご飯を食べて、お風呂に入ってといったような。しかし、ここの施設で働いて驚きました。ここの施設はご入居者にとって暮らしやすい環境を目指しているため、ご入居者1人1人の生活リズムに合わせてお手伝いをしています。その分、大変なことも多いですが、自分だったら実際こんな施設で余生を過ごせたらいいなと思って仕事しています。
お仕事の楽しいところと、大変なところを1つずつ教えてください。
働いていて大変なところは、出勤が早いこととご入居者のことを知ることです。調理の仕事なのでご入居者が起きる前に出勤して準備しています。ご入居者に合わせたお手伝いを行うため、ご入居者1人1人について知る必要があります。
楽しいところは「ご入居者のために」と思えることです。1人1人と密に関わるので情が湧くと言いますか、「この人のために」って思える気がします。また、自分の両親の介護にも生かすことができるので自分のためになっています。職場のスタッフの方々も親身に教えてくれますし、なにより温かさを感じます。
閉じる
インタビューを閉じる

よくある質問Q&A

働き方について

家庭の事情で扶養内でお仕事をしたいのですが可能でしょうか?

可能です。パート職員の多くは、扶養範囲内で勤務しています。家庭の状況に応じて、柔軟に勤務できるよう配慮しています。

勤務日(シフト)はどのように決まりますか?

各ユニット(事業所)ごとで、リーダーが月間勤務表を作成します。翌月の休み希望を申し出てもらい、可能な限り希望に添うようにしています。

短時間しか働けません。大丈夫でしょうか?

大丈夫です。朝や夕の3時間のみ働いているパート職員が数名います。働けるお時間をご相談ください。

休日はどれくらいありますか?

正社員の場合、月に9日(2月は8日)が休日です。他に夏季休暇3日、年末年始休暇4日があり、合計で年間114日です。またパート職員も含め有給休暇があります。

職場・仕事について

未経験ですが大丈夫ですか?

大丈夫です。経験があり基本的な知識や技術を習得していることはとても有意義ですが、必須条件ではありません。未経験で仕事を始めた職員は少なくありません。

将来的に正社員を目指して働きたいのですが可能ですか?

可能です。現在もお子さんの成長に合わせて勤務時間を延長し、将来的にはシフト勤務を行う正社員を目指している職員がいます。

研修制度について教えてください。

入職1か月は、先輩職員が付き添って指導します。「お一人おひとりのご利用者を知る」ことが出発です。また法人全体研修、各施設の年間計画に沿った専門研修、外部介護専門学校教員による現場での相談等、スキルアップを支援します。

職場はどんな雰囲気ですか?

特別養護老人ホームはゆっくりと時間が流れる温かい雰囲気です。サービスセンターは、賑やかで活気にあふれています。

スタッフの年齢層は、若い方ばかりでしょうか?

どの年代も活躍しています。法人全体では正社員は20~30代の割合が約40%、40~50代が60%です。パート職員は子育て年代~50代、介護補助職員では60歳以上が多いです。

その他

新卒ですが、応募可能ですか?

可能です。事前に施設の見学をして、職場の雰囲気を感じてもらうことをお勧めします。ぜひご応募ください。

資格を取得したいのですが、取得支援制度はありますか?

介護福祉士の受験要件である「介護職員実務者研修」の受講料全額を法人が支援する支援制度があります。この制度を利用し資格取得した職員も少なくありません。

採用までの流れを教えてください。

ご応募いただきましたら、こちらから面接日程についてご連絡いたします。当日は①適性検査、②面接を実施します。面接日から1週間程度で合否のご連絡を差し上げます。

服装はどうですか?制服はありますか?

「暮らしの場」としての家庭的な雰囲気づくりのため、制服はありません。普段着で過ごしてもらいます。
※被服手当を支給しています。

応募前に見学したいのですが、いつでもいいですか?

事前に施設までお電話ください。施設の雰囲気、空気感をまずは感じてみてください。

法人概要Information

法人名 社会福祉法人 
あがた福祉の会
代表者 加藤 尚久
法人設立 平成10年5月
写真

アクセスAccess

くぬぎの木特別養護
老人ホーム
くぬぎの木在宅介護
サービスセンター

くぬぎの木特別養護老人ホーム

〒512-1204
三重県四日市市赤水町 1245-7

059-327-2826 コーポレートサイトはこちらから

くぬぎの木在宅介護サービスセンター

〒512-1204
三重県四日市市赤水町 1274-14

059-327-2266 コーポレートサイトはこちらから